瀬乃 の ゲームプレイ 日記 ! ▼

ポケモン中心ゲームプレイ日記。基本的にPCからの閲覧推奨。
はじめましての方は必ず「はじめに/注意書き」の記事をご一読ください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ポケモン】カントークラシック結果発表

先日のカントークラシックのランキングが発表されましたので、
瀬乃の対戦結果と使用PTなどを書いてみたいと思います。

まず結果ですが… 最終レート:1608pt 2571位 12勝4敗0引き分け
という結果になりました!なんとか1600にはのっていたという感じですね(*_*)

ご覧の通り、合計16戦やりましたが、恐らくこの最終レートが=最高レートだったかと…。
対戦時間の関係や途中で自分の使用PTに限界を感じてしまったことなどから
20戦もやらずに切り上げてしまいましたが、大会自体はとても楽しかったです!

以前あったカントーカップも楽しくて対戦しまくった記憶がありますし、
やはり普段とは違った限定ルールでやるのも面白いなあと実感しました(´ω`)

では追記から自分用メモも兼ねて使用PTの紹介をしてみます。



まずはPGLさんより使用ポケモン画像を引っ張ってきて紹介いたします。



カビゴン/ゲンガー/サンダース/ピクシー/パルシェン/ゴローニャ
使用したのは以上の6匹。ちなみに今回は個人的ガチパなので色違いはゲンガーのみです。

では以下は個別に詳しく紹介していきます。



★カビゴン:なまいきADベース調整
⇒D振りで特殊受けの役割。フーディン、ゲンガーの気合球を2耐え。
 ただしその2匹に役割持たせるならなぜ噛み砕くをいれなかったのか未だに謎。
 起点にされないよう吹き飛ばしを入れていたがこの辺と入れ替えてよかったかも。
 ただはまればのしかかりしているだけで相手が消耗していく要塞でした。

★ゲンガー:おくびょうCSぶっぱ
⇒毒タイプ意識でサイキネ採用。今大会の環境ではエスパー技の一貫性が非常に高く、
 実際ヘタするとシャドボより撃っていたかもしれない。
 (シャドボ選択しても大抵後ろからカビゴンを投げられる場面が多かったため)
 クリアスモッグはピクシー対策だったが普通にヘドばくでよかった。
 当然道連れはつよい。初代ではSも高い方なのでかなり使いやすく活躍してくれた。

★サンダース:おくびょうSぶっぱHC調整
⇒同速対決のためにSは振り切り、残りは初手プテラ対面を意識してHCを調整。
 その対面が実現することはなかったが、H振りのおかげでかなり安定感があった。
 先鋒を想定したポケモンだったが終盤上から殴っていく掃除係としても強かった。
 バトンはダグにキャッチされるのを嫌って採用したがあくび等他の補助技も良さそう。

★ピクシー:ずぶといBぶっぱH調整残りS
⇒今大会使用1位になるだろうと予想してましたが残念ながら2位でした。
 天敵の毒対策や一貫性を評価してサイキネ採用。技構成はこれで間違いなかった。
 同族対決や4振りピクシー抜き等を考慮し多めに振っておいたSも活きていた。
 ただしカイリューのアイヘ2耐え(アイテ1耐え)まで耐久を振っていたにも関わらず、
 私のピクシーはカイリューのアイヘで怯む率が100%だった。冗談じゃなくてマジで。
 しかし強いもんは強かったので今大会のMVP候補かもしれない。

★パルシェン:やんちゃAぶっぱS調整残りH
⇒火力確保のため補正をかけA特化。Sは1破りでマルマイン抜きまで振った。
 この型のミソはなんといってもシグナルビームの採用。このための性格やんちゃ。
 完全にヤドランピンポでの技だったが、実際この対面は非常に多かった。
 このパルシェンだと1破り後シグビでH振りヤドランを7割程度削れるため、
 つららばりやステロが入っている場面だとそのまま突破することができた。
 かなりメタられている環境やアイテムなしルールのため使い方が難しかったものの、
 はまれば6タテ決めることもできる爽快なポケモンだった。

★ゴローニャ:いじっぱりHAぶっぱ
⇒ステロ要員にさんざん迷った末、頑丈で安定感があり、
 初手にきそうなサンダース、プテラ、サンダー等に有利なことから採用した。
 実際最低でもステロを必ず撒ける安心感があり、トップメタカイリューにも強く活躍した。
 若干過労ぎみだったサンダースを補う意味でも電気無効化が心強く、
 ルールの関係上増加した一撃必殺技の無効化という点でも有り難い存在だった。




PT全体としては、まずこの積み環境でいかに積ませないかを考え構築しました。
逆に積んでさえしまえばほぼ無双できる環境ですので、
自分の側がいかにして相手に隙を作り積んでいくかのゲームだった気がします。
実際積めた試合はまず勝ちましたし、積めなかった試合はまず負けてました。

このPT自体技構成などいくつか改善点はあったと思いますが、
ヤドラン、カイリキー、ウインディなど、一部どうしようもなく重いポケモンがいたため、
さらに高レートを狙うなら抜本的に構築を変える必要があるように感じました。

特に今回、個人的な趣味でカビゴンは絶対に使いたいと決め採用したのですが、
微妙に持て余している感もあったので、直すならその辺かなーと思います。

では今回は以上です。大会参加されたみなさん、どうもお疲れさまでした!
バリアーカイリュー受け取るのを忘れずに!!


【以下雑談】
そういえばこのブログにはすっかり書いていませんでしたが、VC青プレイ中です。
今クチバシティまで来まして、これからマチスに挑戦するところです。

色々と懐かしい面もあり、ど忘れしていて普通に新鮮な面もあり、楽しんでいます。
というか青自体は初プレイなので赤との違いにビックリな場面も多いです。

そんなわけで瀬乃がこれまでのプレイでもっとも印象深かったこと。
「よっしゃ交換でカモネギゲット!来いやおしょ……誰やコイツ!?アッカ!!??

その後も起動する度手持ちを見て「アッカ!?誰コイツ!!?」を繰り返してます(笑)

なぜおしょうから変わってしまったのか…おしょう…嗚呼おしょう…。

| ポケモン | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。