瀬乃 の ゲームプレイ 日記 ! ▼

ポケモン中心ゲームプレイ日記。基本的にPCからの閲覧推奨。
はじめましての方は必ず「はじめに/注意書き」の記事をご一読ください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【最終レート1720前後】トリックホリック反省会

お久しぶりのブログです。
前回の記事がまさかの1年以上前。もはや危機一髪という大会があったことすら忘れていました…。

ともかく、トリックホリック参加されたみなさんお疲れさまでした。
私としては久々にポケモンのモチベーションが上がりまくった楽しい大会でした。
なにげに未厳選だったマーシャドーを活躍させられる貴重な機会でしたしね。

結果としては、30戦やって23勝7敗。最終=最高レートが1720前後でした。

それでは早速使用PTを貼っていきます。

キャプチャ1029


マーシャドー、クロバット、デンジュモク、ロトム、ギガイアス、ワルビアルです。

まずはPT作成の経緯と所感を軽く書いて追記からPTの詳細にいきます。


まず今大会はせっかくなのでマーシャドーを使おうというところから始まりました。
次に、過去のいくつかの大会でも使用しており、トップメタになるであろうマーシャドーやミミッキュに対して活躍の見込めるクロバットを採用。

その後いろいろあってはじめはガモスやキザンといった手持ちの色違いからPTを組んでいたのですが、試しに本大会と同ルールで開催されていた試運転用の仲間大会に参加してみたところ、こっぴどい戦績で惨敗…。特に催眠といってもダークライや猫の手胞子しか頭になかった私にとって印象的だったのが、催眠Zデンジュモクに3タテされたこと。

このルールどうやってデンジュモク受けるの?って思いました。

そしてじゃあ自分でデンジュモク使おう!と決めました。笑


そういった経緯があって、逆に自分はちゃんと電気の一貫を切らなきゃと思った結果ワルビアルの採用が決まりました。最初はグライオンと迷ったのですが、グライオンもメタられて氷技を喰らいまくるのではとの危惧があり4倍弱点のないワルビアルに白羽の矢が立ちました。

あともうひとつ、試運転の際に感じたのはギガイアスが重いPTが多いということ。
タスキマーシャドーやガモスが流行りそうなことからステロ要員にうってつけでしたしついでにジュモクの催眠を確実にする重力が使えるということでギガイアスの起用が決まりました。

最後の水ロトムは、今大会大量発生しそうなドヒドグライをまとめてしばけるポケモンいないかなー、と探していたときに発見しました。


そんなわけで、各ポケモンの具体的な調整やら感想は追記からどうぞ。





改めて画像貼っておきます。

キャプチャ1029



▼マーシャドー@タスキ 陽気ASぶっぱ残りH
特にひねりのないテンプレマーシャドー。
しかしストッパーとして安心感があり十分活躍してくれました。
唯一惜しむらくは岩石封じがほとんど使わなかったこと。
代わりにいばるや冷凍パンチ、ビルドアップあたりでよかった気がします。


▼クロバット@ゴツメ 陽気H奇数調整S125族抜き調整残りB
このクロバットは結構頑張って自分で型を考えました。
まず今大会主流となるであろうタスキマーシャドーをどうにか安定して倒せないかと考えたときに、私はこのゴツメクロバットに辿り着きました。

迷ったのがSのラインで、当初プテラの同族対決を想定し最速にしていたのですが、プテラの採用がどれだけいるかもわかりませんし、どうせ同速運ゲーになるくらいなら最初からそこは切ってマーシャドーやダークライを抜けるラインで妥協していいかなと考えました。もともとクロバットは単純なASアタッカーよりもHSで耐久に割いた方が強いと感じていたので、Hを奇数調整にして振り切りSは前述のとおり、Bに残りを振って完成。

技構成は役割遂行のブレバとミミッキュ対策の挑発。怒りの前歯、追い風、とんぼ返り等迷いましたが、バルジーナやオニゴーリに有効そうなどくどくを採用。毒+ゴツメと合わせてダメージを稼げる羽休めで決定しました。

結果としてほぼ狙い通りの役割を果たしてくれた上に、3タテしたりと期待以上に活躍してくれました。
twitterにも書きましたが今大会のMVPはデンジュモクかこのクロバットでした。


▼デンジュモク@エスパーZ 控えめ、調整は以下
みんな大好き催眠マン。運ゲの申し子。
努力値なんですがSが確かZ後に130族抜き抜きくらいで残りはほぼ耐久に割いてます。
Cはほぼ振ってないので火力が物足りない場面もありましたが、耐久に振ることでグライオンの地震をまあまあ耐えてくれた…はず(実際は食らう場面はほとんどなかった)。

しかしほんとに強かったです、普段のレートでピロゲンが犯罪と言われるのも頷けますよね。
私もこのデンジュモクでレート100くらい上の相手に3タテしてしまったり明らかに分の悪い試合で大逆転してしまったりしました。
とはいえ命中率自体はそれなりだったので呆気なく外して沈むことも多々。

技構成はこれで完成されていると思うので特に言うことはないですね。
実はギガイアスで結局一度も重力を打たなかったのでそこをもっと使いこなせていればもっとこの子も活躍できたかなと思います。


▼ウォッシュロトム@スカーフ CSぶっぱ残りH
コイツもなんてことはないCSスカーフロトムです。
雑に先鋒に投げてボルチェンしてもよし、終盤にフィニッシャーとして出してもよしの器用な子でした。

20戦くらいやってから気づいたのですがこのPT相手の水ロトムが重いので水ロトムを水ロトムで見るとかいう無茶を強いられてました。だめだこりゃ。

強かったとは思うのですが振り返ってみると割とドロポンを外していたポンコツ洗濯機。


▼ギガイアス@弱点保険 ゆうかんHA
つよい。(確信)

ギガイアスとかいうポケモンが素で強いのはよく知っていたので安心して先鋒に出しました。ステロ撒いてもよし、殴ってもよしの活躍で期待通りに強かったです。

ただデンジュモクの項目で書いたのですがチキンの私は重力を一度も打てなくて…。
ちゃんと重力をうてていればジュモクで勝ちにもっていけただろうなという試合がいくつかありました。残念。

技についてはロクブラがやはり身代わり貫通したりミミッキュの皮はいだりと便利でした。
地震もウツロイドやアーゴヨン相手にあってよかったかなという印象。


▼ワルビアル@ラム 陽気S調整Aぶっぱ残りH
Sの調整は岩封当てたあと130族あたりまで抜けるように振ってます。
実は今回ワルビアルというポケモンをはじめてまともに使ったのですが、強いですねコイツ。

持ち物はチョッキやスカーフあたりと迷いましたが、ステロか吠えるを入れたかったのと、催眠対策が薄かったのでラムにしました。それに合わせてダークライ対面を想定し岩封→地震を決められるようSを振ったのですがこれがドンピシャで、うまくハマって勝てた試合もありました。

ギガイアスと選択でステロ撒きにいけるのも強かったのですが、実はこのPTバトンパに一度積まれてしまうとゲームセットという欠陥が発覚したので、ステロ抜いて吠えるにしておいた方がよかったなと思いましたまる。





◆感想など

ドヒドイデグライオン多すぎ。

1600あたりから毎試合のように顔合わせてました。
ミミッキュ、マーシャドーあたりも多かったですが、それと同じくらいドヒドとグライも繁殖してましたね。
逆にダークライはそこそこいたもののそれほど多くはない印象でした。

ドヒドグライは正直もっと高レート行きたかったら使うべきかもなと思いましたが、私は宗教上の(という名の単に受けポケモンを使いこなす自信がないという)理由で使わなかったのでまあこんなもんかなと。

30戦やってわかったのは私のPTはサザンドラとアーゴヨン、水ロトムが重いこと。

サザンとアゴについては私のPTにミミッキュも鋼タイプもいないのでほとんどの相手に選出された気がします。
(しかし砂下ギガイアスが悪巧みアゴの流星耐えたのにはビビった)

ミミッキュねえ、もともと私も使おうと思ってたんですけど、めちゃくちゃメタられて動きづらいんじゃないかってのと、私がさほど上手にミミッキュを使いこなせないというのがありましてね。単純な剣舞型なら動かせそうだけど、今大会はシャドースチールが怖いですし、メタモンも気になったので。鬼火や呪い型を使いこなす自信がなかったので、思い切って外しました。

実際このPTで相手のミミッキュに苦戦したことはありませんでした。あとご覧の通りガモスも楽に処理できたかな。


30戦やってPTの粗が見つかりそこで諦めてしまったんですが、今思うともっと頑張ってみたら自分のプレイ次第ではこの子たちでもっと上にも行けたかもなと思いました。

個人的にこういった特殊ルールの大会は刺激があって好きなので今後もやってほしいですね。




◆BV紹介

最後に、先程PGLを覗いてみたところ何本か勝手にBVが撮られていたので載せてみます。


IMG_20181029_222936368_HDR.jpg

完全犯罪をキメてしまった試合、申し訳ない。
この試合が自動でBV送信されていたというのがなんかまた申し訳ない。


IMG_20181029_222853232_HDR.jpg

ロトムはジュモクの起点(暴論)
ジュモクにグライを後投げしてくる人は何回かいたのだが、催眠決まってしまえば割とボーナスステージである。
ちなみにエスパーZ後のジュモクがグライに抜かれていたので相手スカーフかな?
地震を耐えられた自信がないので危なかった(notダジャレ)


IMG_20181029_222814126_HDR.jpg

BV見返してみて途中まで「この試合自分勝ったの…?」と思う不思議な試合。
気がついたら勝っていた。初手の有利対面が決め手だったのかもしれない。
あとクロバットを選出したこと。最後マーシャドー対面決まった瞬間はエークスタシイイィ!!
ちなみにこのあと別の試合で2連続ハミチン決められた(でも何故か勝った)


IMG_20181029_222734981_HDR.jpg

クロバットつおい。あとギガイアスが偉かった。
序盤水ロトムで水ロトムを突破しようとするゴリ押しクソプレイをご覧ください。



こうして見ると案外マーシャドーの選出は少なかった気もする。
マーシャドーは添えるだけ。


それではこんなところまで読んでくださった方ありがとうございました。

改めて大会お疲れさまでした。そしてポケモンたち、お疲れさま。

| ポケモン | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。